熱い湯船に浸かる効果は間違い!?燃焼&引き締め体質を作る方法

熱いお湯入浴

燃焼&引き締め体質を作るお風呂デトックスとは

  • 一発逆転を狙う!
  • 冬太りを解消したい!
  • 暑い湯船につかってひたらすら汗をかく・・・

一番、やってそうなパターンですよね。

でも、これは、完全な間違いです。

入浴の目的は、
太る余韻・コリ&冷え&むくみを流し循環の良い燃焼体質へと導きます

これができるのが、入浴なんです。

一番Goodなタイミング。
逃す手はありません。

毎日必ずお風呂に入るからこそ、お風呂の時間を最大限活用して、痩せ効率の良い入り方を実践しましょう。

お風呂で、痩せ体質を作る!
これであなたも一発逆転です。

熱いお湯で大量の汗は、痩せる?

それ、水が出ているだけです。

そんな間違った認識は、今ここであらためましょう。

もう一度、言います。

熱い湯船に浸かって汗をかく

は、間違いです。

熱い湯船に入る必要は実はなかったのです。

お風呂デトックス3つのポイント

入浴する

1.熱いお湯に耐える必要は一切なし!
目的は、全身を温めて循環を良くすること

熱い湯に入って汗をいっぱいかくとやせる?

と思っている人多いのでは!?

でも無理に発汗しても出るのは、水だけなんです。

脂肪は燃焼していません。

大切なのは、体のすみずみまでの循環を良くすること。

全身の代謝が高まって、痩せやすい体質になります。

2.コリ・冷え・むくみはおデブの元凶。
ストレッチで体を柔らかくほぐす

コリがあると、体の動きも悪くなり、脂肪や老廃物がたまりやすくなります。

ストレッチで体をほぐして、動きを高めましょう。
同じように生活していても痩せやすい体になります。

体が温まるお風呂時間は、絶好のほぐしの機会です。

3.ポカポカ効果で良質な睡眠を導いて痩せホルモン分泌&代謝UP

人の体は眠りに落ちるときに体温がスッと下がります。

そういうリズムになるメカニズムなんですね。

湯上がりの時は、体の熱が徐々に放出されていくので、まさに眠りにつくのにぴったりの状態です。

寄るの入浴を習慣化することは、深い眠りを得るための最低限の条件です。

ヤセ体質になる!燃焼ホルモンUP・代謝UPで即効変わる

  • 脂肪
  • むくみ
  • コリ
  • 疲労感

など体の「いらないもの」を体外に排出するには、お風呂は、最適です。

湯船で温まると血流が高まる上、水圧によるマッサージ効果もあります。

さらに、全身を温めながらリラックスすることで、寝つきを良くするメリットも。

質の良い睡眠をとると、脂肪を燃焼させたり、食欲を適正に抑えるために働くホルモンなどが分泌されます。

より効率的に体を絞りたいなら、入浴前後にストレッチがオススメ。

特に、股関節や顴骨周りの柔軟性を高めると、体がよく動くようになります。

全身の運動量が上がるので、今までと同じ生活をしていても痩せやすくなります。

つまり、ハードな筋トレや食事制限は一切しなくても、翌日の体を速攻で変えることができます。

お風呂の入り方をちょっと変えるだけ!

今日の入浴から実践してみて!

燃焼&引き締め体質を作るお風呂デトックスとは

お風呂デトックス徹底プログラム内容

1.お風呂前の3分間ストレッチ
2.お風呂での循環UPエクササイズ
3.保湿クリームを塗りながら、ストレッチ&マッサージで締まった体へ

お風呂の前の「3分間ストレッチ」

お湯を溜めている間に、3分間ストレッチで、老廃物を流しやすくします。

肩や腰回りが固くこわばると冷えや老廃物が滞ってむくみがちに。

更に、手や足の動きが悪くなって日々の活動量も低下します。

体を動かしながら緩める、「ストレッチ」を取り入れることで、短期間で効率的に股関節周りをほぐすことができます。

1.【股関節&肩ほぐし】肩入れスクワット

両足を大きく開いた姿勢から腰を落としてスクワット。

そのとき、内ももに手のひらをのせて、片側の肩を前にねじり出すように。

股関節と肩周りを緩めることができます。

片肩を行ったら再び立ち上がり、逆も同様に。

大きく足は開いて。

2.【肩骨周りを深く緩める】バンザイストレッチ

背中をギュッと寄せて、手のひらは、肘を曲げた時は、内側に。
そのまま、腕を上げてまっすぐ伸ばした時は、手のひらは、外側を。

これを10回繰り返します。

足を肩幅に開き、両腕を上へ伸ばします。
この時、手のひらが内側へ向くように手首を旋回させながら、両肘をウエストの近くまで引き寄せます。

左右の肩骨がグッと寄るのを意識しましょう。

背中の真ん中に力が入っているような感覚です。

3.【股関節周りを柔軟に】バランス立ち

片足10回ずつ×左右

まっすぐ立った姿勢から、膝を曲げ左ももをあげます。

左手を後ろに回し、お尻の下辺りで足先を掴みます。

さらに右腕をまっすぐ上へ。

体がぐらつかないようにバランスをとりながら、左ひざが床に向くよう、つかんでいる足を持ち上げます。

3分間ストレッチをより実感する方法

お風呂に入る前から水分補給をしましょう

体内で水分不足になると、循環が悪くなり老廃物が流れにくくなります。

デトックスしたいなら、積極的にお水を飲んで。

お風呂にペットボトルを持ち込む美容法はよく知られていますが、入浴前にもコップ1杯の水を飲むようにしましょう。

【入浴時間35分】湯船に浸かりながら「循環UPエクサ」で燃焼ボディへ

湯船の中では水圧が加わるので、軽く体を動かすだけでマッサージ効果が得られます。

体内に溜め込んだ疲労物質や老廃物をすっきり流しましょう。

すみずみまで血流が良くなるkとおで全身の代謝もUP。

リラックス効果で自律神経も整って痩せやすい体質に。

1.【約5分】湯船の中で:末端まで血行促進のグーパー

手足を湯船に使った状態でグーパー × 15回 × 3セット

お湯につかっても、体の末端まで温まるには時間がかあるものです。

手足を動かして、血流を促しましょう。

脚のむくみもスッキリします。

温まるまで何度も繰り返してOKです。

湯船の中で手足をまっすぐ前に伸ばします。

手先を「グッ」と縮こめた後、「パッ」と開きます。

グーのときは足首を伸ばし、パーのときは爪先を引き寄せましょう。

<オススメの入浴剤を!>
◯血行促進系炭酸入浴剤は、毛細血管を拡張して血流を高める効果が。ぬる湯でも全身を素早く温めることができます。熱いお湯が苦手な人には、とくにオススメです。◯リラックス系湯上がり後の心地よい眠りを重視したいなら、リラックス系のアロマ入浴剤をチョイスしましょう。
【4ヶ月〜】アユーラ入浴剤「メディテーションバスα」|3人口コミ|香り、疲労、水質、肌質などは?
アユーラの入浴剤「メディテーションバスα」を4ヶ月以上〜使った3人の口コミまとめ。香りや肌質、肩こり、疲労、心理面でリラックスできた?お風呂の水質はどうなった?

2.【約5分間】休憩!頭を洗って、髪にトリートメントを塗りましょう

充分に温まったら、湯船から出て休憩しましょう。

この後もお風呂でゆっくり過ごすので、髪にトリートメントを塗ってターバンなどで巻いておくと時間の有効活用に。

水分も適度に補給しましょう。

3.【約10分間】バシャバシャエクサで全身の循環をUPする

水中で運動することで、水圧によるマッサージャー&筋トレ効果が同時に得られるエクササイズです。

簡単なのに、全身に効きます!

◯開脚でバシャバシャ 30秒×3セット

ひざを軽く曲げて座り、両膝の開閉を繰り返します。

両手を後ろにつき体を支えましょう。

心臓への負担が少ない動きなのでのぼせない範囲で何セット行ってもOKです。

◯手足バシャバシャ 30秒×3セット

自転車をこぐように、左右の脚を交互に動かします。

同時に、両手を上下させます。
お尻で体重を支えるので、体幹の強化トレーニングにもなります。

<オススメアイテム!+α機能のボディソープ>

角質ケアもできるスクラブ洗浄料や、オイルタイプのボディーマッサージで肌もツルツルに!

5.【約10分間】休憩!湯船の中でゆったりリラックス

体も髪も洗い終えたら、最後にゆったりと湯船につかりながらリラ空s。

できれば、照明もちょっと暗くして。

心身を落ち着け、寄るの就寝モードへ切り替えていきます。

<オススメアイテム!お風呂で使えるマッサージギア>

湯船でぼんやり過ごすのが苦手な人は、防水機能を兼ね備えた美容ギアをお風呂に持ち込むのもオススメです。

6.【クールダウン】冷水シャワーで引き締め

間違っても、全身にかけてはいけません。

湯上がりに冷水をサッと浴びると、一時的に血管が収縮して、血巡りを向上させる効果があり、湯冷めも防止できます。

膝から下、肘より先に、冷水シャワーを。
ただし冷え切ってしまわなように、サッとひとかけする程度です。

お風呂は休息モドへスイッチする時間

湯温は、ぬるめ
照明は、暗め

お風呂でしっかり温まると、その後、体温が下がるタイミングで眠気が訪れ、心地良く寝かしつけるという研究データがあります。

お風呂は日中の活動モードから、休息モードへと切り替える時間です。

リラックスできる環境作りをすると、より切り替えがスムーズに。

香りの良い入浴剤、心地よい湯温、キャンドルなどの間接照明などもオススメです。

湯上がり:保湿クリームを塗りイア柄、ストレッチ&マッサージで締まった体へ

お風呂の中でしっかりと循環を高めた体は、老廃物が最高に流れやすい状態になっています。

ボディークリームを塗るとついでにマッサージやストレッチも一緒に。

むくみが排出されて、すっきりと締まった体に整います。

各動作ともクリームがゆき届くまで続けましょう。

1.背中

背中の真ん中辺りを意識して

コリのできやすい肩や背中をしっかりとほぐすストレッチを。

背中にクリームをつけたくない人は、何も塗らなくてもいいので、この動きを実践しましょう。

<やり方>
背中から両手を。
右腕を上から、左上を下から届かせるようにして、届く範囲全体をなでさします。さらに、手を逆側にして同じようにします。

2.二の腕

二の腕をストレッチしながらまんべんなくクリームを伸ばします。
これは、一石二鳥なので、ぜひ。

手首をネジ返しているのがポイントです。

<やり方>
左腕を頭上に伸ばし、ひじを曲げます。ひじはなるべく高い位置でキープ。

右手で二の腕をさすり揚げると同時に腕を伸ばし、手首まで一直線に流します。

腕をのばすとき、手首を凱旋させてねじると、ストレッチ効果が高まります。

反対も同様です。

3.ヒップもも裏

脂肪が厚く冷え勝ちで、セルライトや肌のザラつきなどが出現しがちなパーツ。

お風呂上がりのケアを習慣づけて。

ストレッチの動きでヒップアップ効果も。

<やり方>
上体を深く倒し、もも裏の筋肉を伸ばします。その姿勢でも裏をさすり上げます。

ヒップまで手が届いたら上体を起こし、お尻をギュッと締めます。

4.脚

脚を効率的に引き締めるには、筋肉をよく伸縮させて、内側からのポンプ作用で老廃物を流すことができます。

片足ずつ、筋肉の動きを意識しながらマッサージしましょう。

<やり方>
片ひざを曲げて長座。上体を倒しながら、伸ばした脚のつけ寝から足首にかけてさすり流し⇒再び戻るを繰り返します。

このとき、ひざ裏の伸びを意識します。

上体を倒すときは足首を伸ばし、戻るときはつま先を手前に引きつけると、ストレッチ効果がUP!

◯効果UP!香りの演出も忘れずに

湯上がりのボディケアタイムは、心地よい眠りを誘うための儀式だと捉えて、リラックスできる環境作りも行いましょう。

間接照明などで部屋を暗くし、ディフーザーなどで香りを楽しみましょう。

ただ、家族の都合などで思い通りにできない人もいると思います。

そういう人は、肌に香らせるプライベートな香りグッズを活用しましょう。

◯湯上がりに快眠ハーブティを!

お風呂上がりの水分補給には、ノンカフェインのハーブティーなど快眠を誘う飲み物がオススメです。

ただ、体がほてっているときに熱いものは飲みにいくので、お風呂に入る前にお茶を入れて冷ましておくと良いでしょう。

好みで牛乳や豆乳を加えれば、筋肉や睡眠ホルモンの材料となるタンパク質も補給できます。

カフェインは避ける
牛乳や豆乳を加えてるのも
常温 or ホットで

◯サプリメントも活用して!

睡眠の質を確保するためにもサプリメントもオススメです。

ぐっすり眠れるから、朝から頑張れる!

オススメは、味の素の「グリナ」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました